Loading...

所得税対策対策の一例を紹介します

problem問題

不動産所得の集中

第2ミユキビル

cause原因

土地活用の目的を相続対策中心
に行ったことから不動産所得が
被相続人に集中

settlement解決
方法

土地の使用貸借※注1 を提案

※注1 親名義の土地に子名義の建物を建てるな
      
ど、親子間や夫婦間等、
      
同族関係者で土地
      
を無償で貸借することを、使用貸借といい
      

      
ます。

親名義の土地に使用貸借を活用し、子が賃貸ビルを建てることで賃料を収受

category種類

土地の使用貸借を活用し
子が賃貸ビルを建設

problem問題

孫の養育費も含め少しで
も多くを子に贈与したい

パークアベニュー

    cause原因

    暦年贈与※注1 は一人当たり110
    万円まで贈与税が無税であるがそ
    れを超える贈与は課税対象となる
    ※注1 贈与税には1人につき年間110万円の基礎
          
    控除が認められていま
          
    すので110万円まで
          
    は、子に贈与しても税金はかかりません。
          

          
    この贈与の方法を「暦年贈与」といいま
          
    す。この贈与の方法で長
          
    期間にわたって計
          
    画的に行えば、かなりの節税効果が期待で
          

          
    きますし、子や孫が10人もいれば1年で
          

          
    1,100万円10年間で1億1,000万円も無税
          
    で贈与することができます

    settlement解決
    方法

    法人を設立し※注2 子を役員にす
    ることで暦年贈与を超える部分は
    給料として支給。

    ※注2 法人を設立するメリットは、主に節税効果
          
    が挙げられます。
          
    節税のポイントは、① 個
          
    人と法人の税率の差 ② 所得分散によ
          
    る節
          
    税 ③ 給与として所得が親族等に分配でき
          
    る3点がポイント
          
    となります。

    ① 所得税は金額が大きくなるほど段階的に税率
       
    が上がっていく仕組み
       
    が採用されています。
       
    所得税・住民税を合わせて最高税率は55%
       

       
    です。従って高所得者は半分以上が税金とな
       
    ってしまいます。一方で
       
    法人税は基本的に一
       
    律の税率で、所得が800万円を超える場合の
       

       
    実効税率は約33%となっており高所得の方ほ
       

       
    ど個人よりも法人の方が有利になります

    ② 法人を設立することで、不動産所得を給料と
       
    して分配することが可
       
    能となります。土地活
       
    用の場合、暦年贈与(110万円)を上手に活
       

       
    用されるケースが多くなりますが、110万円
       
    を超える贈与を検討な
       
    される場合、法人を設
       
    立する方法もあります

    category種類

    法人名義で賃貸マンション
    を建設